別のトークンではなく、ビットコイン、イーサのような既存の暗号通貨 を使用しませんか?

イーサリアムのエコシステム

ビットコインの代替通貨として約 900 種類のコインが存在しており、他のトークンを作ろう
という現在の波は知恵によってもたらされたものであり、新たに分裂したコインは既存の発
見を引き続き利用し続けるため、どれが市場に導入されるものになるのかは時が経なければ
分かりません。ビットコインやイーサリアムが新しいプロトコルをブロックチェーン上に構
築したのと同様に、スマートコントラクトのブロックチェーン上に新しいトークンを構築す
ることが可能です。これは現在、「非固有トークン」として知られています。このようなト
ークンシステムの実装は特に ERC20 トークンインターフェイスに関して、イーサリアムに
よって非常に簡略化されました。このインターフェイスは、イーサリアムのエコシステムに
適した方法で標準化されたトークンの開発に関する規定を設けています。これらの非固有ト
ークンは単独のトークンとして存在できます。あるいは、新しい基盤となる新しい暗号トー
クンプロトコルや暗号プロトコルに接続することができ、そのすべてをイーサリアム上に構
築することができます。

新しいトークンを作成するのはなぜですか?

これまでにビットコインのような既存の暗号通貨に関する問題の一つとしては、ビットコイ
ンの分割単位が少額決済に対応する目的には不十分であるといったような粒度の問題があり
ます。この点においてデジタルトークンは、少額の資金のみを必要とする従来型のオンライ
ン購入向けに設計された少額決済スキーム用の通貨として機能します。さらに、そのような
決済は簡単で信頼性が高く、匿名性が維持されたものである必要があり、また取引にかかる
コストが低いものでなければなりません。
また、技術開発は本質的に動的に変化するため、その成長や拡張に備えて注意しておくこと
も重要です。開発者は新しいトークンを構築することで、より親しみやすく、時間と共に受
け入れられていくような標準規格へ容易に移行できるように市場を準備する方法を模索して
います。ここでトークンは、ユーザーを特定の単一の技術に縛り付けない自由度と柔軟性を
達成することを目指しています。
暗号通貨市場のもう一つの目立った特徴は、高レベルの不安定性です。毎週または毎月の予
想変動率は、取引額の上昇や価格の下落に応じて大きく変動します。暗号通貨で一般的に受
け入れられている予想変動率の指標はありませんが、米ドルに対して短期間で 10 倍の価格
変動が見られます。それはメディアでの悪評によって引き起こされる風評被害が原因となり
、その普及率に結果として影響を与えています。経営破綻や政府による規制に関する情報の
せいで、関心のある人々が暗号通貨を敬遠する傾向があり、法定通貨と比べた暗号通貨の価
値保存機能に対する人々の認識も同様に揺らいでいます。したがって新しいトークンは、よ
り大きな暗号通貨市場において不安定性の影響を和らげ、ユーザーを保護する層としての役

目を果たすことを目標としています。これは最終的に、長期的に寄託契約を促進するのに役
立ちます。

トークンセールとは?

イーサリアムがイーサコインで行ったように、新しい暗号ブロックチェーンを組み立てて市
場に出すことは決して簡単な事ではありませんでした。したがって、既存のブロックチェー
ンを利用して他のコインを作成する必要があります。しかし創造とイノベーションの水門が
開かれると、イーサトークンは一般に先行販売され、その資金はブロックチェーンの開発に
利用されました。
イーサリアムが動きだす前に、2013 年に Ripple がすでに数十億の XRP トークンを作成し、
その売上が Ripple プラットフォームの開発を進める上で大いに役立ったことを思い出すかも
しれません。
この点を踏まえ、投資家に対して新しい暗号通貨トークンの一部を割引価格で提供すること
を意味する「トークンセールス」という言葉が作りだされました。新しい暗号通貨の立ち上
げ時には、投資家に先行販売されたトークンを例えば Bitfinex や Liqui その他の取引所で需給
に応じてその他の暗号通貨と交換することができます。
基本的に、Ethereum スマートコントラクトに基礎を置く多くの新興企業が現在、数多くの
プロトコルやアプリケーションの開発のための資金調達を目的としたトークンセールスを利
用しています。これらのトークンの発行により、最近「イニシャルコインォファリング
(ICO)」と一般的に言われる新しい用語が生まれました。調査会社である Smith + Crown か
らの報告によれば、2017 年上半期時点で ICO によりすでに 1億 5,000 万ドル以上の資金が調
達されたとのことです。ここで特に評価基準となるものには、Gnosis が含まれています。こ
の分散型予測市場は 15 分で 1,200 万ドルを調達し、3 億ドル以上の企業価値を獲得しました
。これまでのところ、30 秒未満で 3,500 万ドル以上の資金を調達した Brave が世界最高記録
になるでしょう!

将来的に予測されることは?

遠い将来、最高の決済システムは主にエコシステムを構成する多数のトークンに支えられる
可能性が高いと考えられます。正確なロードマップが明らかになるのは、時間の問題です。
一方、開発者はもはや企業がプラットフォームを利用して大金を稼ぐのを待つ必要はありま
せん。なぜならばトークンの提供により、技術の背後にいるブレーンへの金銭報酬の分配に
おける大きな不均衡を是正するからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *