カスタムトークンは業界全体にとって素晴らしいソリューションなのか ?

はじめに

2008 年のサトシ・ナカモトのビットコインの構想により誕生したブロックチェーン技術は
、より良い世界を実現することのできる偉大な力をもたらす発見となりました。10 年足ら
ずの間に 850 種類以上の暗号通貨がすでに流通しています。特定の業界の当面のニーズに
対処することを目的としたカスタムトークンの使用が調査対象になってきたとしても何ら不
思議ではありません。主要産業は、品質と効率性の面での大きな制約事項に取り組んでいま
す。ですから、カスタムトークンは特定市場のニーズや要求を満たす究極のソリューション
となる可能性があります。すでに は健康産業向けに実現され、
歯科業界のコミュニティで取り扱われています。

 

コミュニティを作る

暗号通貨の中核をなす原則は分散化であり、あらゆる手段を用いて仲介業者や中央機関を排
除することです。営業およびマーケティングの原則では、この事はエンドユーザー、顧客ま
たはクライアントにより強力な権限を与えることにつながります。音楽分野、保健分野、教
育、農業などの主要産業は、対処すべき多数の問題を抱えており、それゆえリソースを集め
て人々をまとめるための特定の財団、企業、福祉団体や SACCO が設立されました。現代の
サービス産業は、忠実な顧客からのフィードバックを前提に発展していることに注意するこ
とが重要です。業界の主要な利害関係者からの信頼できるフィードバックに耳を傾けること
は、単一の規制機関や中央機関にはできない貴重な貢献をもたらします。フィードバックと
言えば、多くの機関が長年にわたって業界のプレイヤーにアプローチを試みてきましたが、
それが成功したのは長い間に一度だけです。残念ながら、ほとんどの業界にはそのようなコ
ミュニティが存在していないため、安定したフィードバックが不足しています。これらは、
カスタムトークンが取り組もうととしている非常に重要な課題であり、最善の方法は、特定
の問題に対処する特定のツールを使用して、カスタムトークンを業界全体に確実に適合させ
ることです。どの業界の動きや変化も、各々特有のものがありますが、それは開発者がツー
ルをカスタマイズするためです。

サービス提供の改善

ソーシャルメディアでレビューやフィードバックが投稿される際、それが肯定的なものであ
れ否定的なものであれ、特にそれらのレビューコメントが否定的な意味合いで非常に透明性
が高いと感じられる場合には、コメントをキープするか、あるいは削除するかはサービス提
供者やサイト管理者に委ねられています。しかしながら、透明性、義務と説明責任を維持す
る決意を持ってブロックチェーン上のレビューの変更や操作を行うことは一度にできません
。つまり、市場調査価格が上昇し、業界内のプレイヤーが定期的に最新データにアクセスで
きるようになるということです。業界全体に適合させた、このようなプラットフォームは最
適な速度でのサービス配信と市場調査データの安全な取り扱いを容易に実現します
。Dentacoin (デンタコイン)の場合、このプラットフォームは治療計画に大いに役立ち、
患者たちはプラットフォーム内の匿名データから生成された信頼性の高い比較情報へアクセ
スできるようになります。つまり顧客は、フィードバックや個人や機関による公的な評価に
基づく情報によりサービス提供者を選択できるようになるということです。このようなレビ
ューは、健康産業の場合のように一般的でも標準的でもありませんが、実際の患者によって
提供されるものであることを確実にするよう注意を払う必要があります。

コストの削減

強力な顧客関係を継続的に構築するには、業界のプレイヤーによる質の高いレビューに対し
トークンによる報酬を提供するようなインセンティブ構造をカスタムトークンで実現する必
要があります。メンバーがアンケートに記入し、市場調査の質問に答えると、スマートコン
トラクトによってカスタムトークンを使用した報酬の支払いが行われます。結果として、そ
の収益は業界内の機関と提携するためにさらなる支払いを行う上で非常に役立つことになる
でしょう。言い換えれば、メンバーはコインを獲得するだけでなく、業界全体で消費する機
会も提供されます。さらに、コミュニティメンバー相互の利益を図るため、業界はいずれか
の立場から深い知識を活用し、利用しなければなりません。それにもかかわらず、このアプ
ローチはすでに暗号通貨の使用に精通した人を保護するものにはなりませんが、これまでビ

ットコインやその他無数のアルトコインを使用したことのない暗号通貨世界の新参者へ大き
な手を差し伸べるものになります。一方、報酬として獲得したコインは必ずしもサービスへ
の支払いに使用する必要はありません。特定の業界に関する製品を購入する目的でも使用す
ることができるからです。

おわりに

教育業界向けには教師や両親だけではなく生徒にも開かれたカスタムトークンを用意する必
要がありますが、健康産業向けのカスタムトークンは医師と患者など双方を考慮したものに
しなければなりません。あらゆる分野で採用された場合、銀行業界が経験した混乱は世界中
のあらゆる業界に波及し、世界的なコミュニティは無数の手段でつながることになるでしょ
う!いずれにしても、近い将来または遠い将来には様々な業界で能動的・受動的を問わず参
加者はトークンによる報酬を受け取ることになります。公共部門や民間部門は名目貨幣を使
用する必要がなくなります。業界がカスタムトークンの現実性を受け入れるのが早いほど、
それはすべての利害関係者にとってより良いものになるでしょう。
~変革者は何か新しい物を発見する必要はない。新しい発見物の実用的用途を発見しなけれ

ばならないだけだ。~ Jay Samit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *