ICO 価格と市場価格の違い、および、市場価格に依存しない理由

イニシャルコインォファリング(ICO)はブロックチェーン起業家向けの資金調達手段になりつ
つあります。オンライン情報サイト Coindesk が公表した統計 によれば、ICO は新興企業向けの資
金調達手段としてベンチャーキャピタル(VC)の投資額を上回る資金を調達しました。今年上
半期中に VC による資金調達額が 295 百万ドルであったのに対し、同期間中に 327 百万ドルを
調達しました。これは、ブロックチェーン関連新興企業の調達資金の 500 百万ドル以上が VC
からの投資であった前年に比べて 35% の増加となりました。

ICO の分析

クラウドファンディングなどの ICO は、提供サービスや製品の投資家にトークンを提供するも
のです。これらのトークンは暗号通貨に換金することができ、ブロックチェーンシステムはコ
ストを削減し、より効率性の高い通貨処理を実現するための手段として、有名な金融当局によ
って牽引されています。この ICO の台頭により、ブロックチェーン新興企業への投資家の関心
が高まっています。ICO はコミュティメンバー間の取引を通して容易な流動性を実現し、投資
家にとって関係者双方に有利な状況を作りだします。ICO は投資家に短期間で 莫大なリターン
を もたらします。政府機関は ICO に関する判決をほとんど下していないため、ICO は最小限の
規制要件で大規模な投資を促します。この規則は ICO の持続的評価を促し、起業家は投資の際
に制限を課すこともできます。ICO は企業や個人が自身の製品に資金を提供したり、通常のユ
ーザーが価値を見出した製品に投資したりするための、最も簡単で効率的な方法の一つです
。ICO は通常、1週間以上にわたって開催されるイベントであり、該当期間中は誰もがビットコ
イン(BTC)またはイーサ(ETH)のような定着した暗号通貨と引き換えに、新たに発行された
トークンを購入することができます。
ICO ではプロジェクトの資金調達に向けて一定の目標や制限が設けられている場合があります
。つまり、すべてのトークンにあらかじめ設定された価格は ICO 期間中に変わることはなく、
トークンの供給量は一定となっています。受け取った資金に応じてトークンの配布を行うダイ
ナミックな資金調達目標としながら、トークンの供給量を一定とすることも可能です。つまり
、プロジェクトが受け取る資金が多いほど、トークンの価格が上昇するということです。

市場価格の決定

経済専門家たちは、資産やサービスの時価は市場価格であると言います。また、投資家、トレ
ーダー、ディーラー同士の相互作用によって生まれる需要と供給の力によって決まるとも言わ
れています。市場価格は、買い手を代表するディーラーが入札と提示価格を使って見積もりを
作ることで決まります。ディーラーは自分の取引価格で購入し、市場の提示価格で売却します
。価格の導出式は売り手がオファーで使用できる入札価格によって決まります。外的要因によ
り、より多くの資金が要求される場合は、ディーラーはオファーの際に株を利用できるように
します。これによって市場価格を正負どちらかの方向に調整します。したがって、価格は双方
向からの相互作用なしに固定されることはありません。

株は新規株式公開(IPO)が終了した後も取引されます。その理由は、企業に対する知覚価値は
時間の経過とともに変化するからです。投資家は自分たちの認識が「市場」と一致しているか
どうかで稼ぎを得たり、失ったりします。投資家は株が問題なく運用されているかどうかを確
認するため、株価の瞬間的な変動を監視します。株を購入する最終的な目標は、業績が良く、
その知覚価値が(株価の形で)上昇すると見込まれる企業の株を購入することでお金を稼ぐこ
とです。企業の株を購入する場合、その事業の一部を所有することになるため、その運営方法
について意見を表明することができます。取引所でではすべての投資家が同じ行動指針を取る
とは限らず、買い手がいなければ株を売却することはできません。これにより、ディーラーは
買い手を探す際に好戦的になる場合があります。裕福な買い手が現れるまでは、価格も下落し
たままです。
IPO の市場価格にもやはりリスクはあります。企業から撤収する可能性のある株主がいるため
、株式が初日や将来にどの程度好調に推移するかを読み解くのは難しいです。また、IPO はそ
の将来が非常に不確実な、成長期を迎えている企業のためのものでもあります。

最重要事項

投資家は ICO を購入する際には現金を使うのではなく、ビットコインやイーサリアムのような
暗号通貨をブロックチェーンでの購入に利用するのです。株は、企業が資金を必要とする時や
、時には資本市場にショックを与えることのあるような他の優れた投資環境を売り手が認識し
た時に取引されます。市場価格と ICO は互いに独立していますが、ICO は富を多様化する手段
としての選択肢を提供します。なぜなら、人間の力が株式売買に影響を与えているからです。
しかし ICO の分散型プラットフォームの場合、コミュニティは保護を得られ、そのブロックチ
ェーン設計によって人々は制限なしに独自のトークンを発行し、IPO の際に非正規のプロジェ
クトの実現可能性に賭けてまとめて投票することができます。ICO 関連規制法により、潜在的
な可能性を評価することが可能となっています。たとえば、イーサリアムをベースとした
Dentacoin(デンタコイン)は歯科および医療業界に革命をもたらすことを目指しています
。Dentacoin(デンタコイン)は ICO により 20% の市場普及率を計画しています。これは、600
億ドルの市場価格に対し、DCN ウォレットを所有する約 1 億 2千万人の患者では年間売り上げ
1,200 億ドルの価値があるということになります。Dentacoin(デンタコイン)は、その 24 年
間のプロジェクト案(2018~2042)の中で歯科市場を追い抜くと予想されています。ICO はそ
のインフラストラクチャは様々で、IPO とも異なるものです。その分権化によって、プロジェ
クト投票での集団的意思決定を可能とします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *